原作と、オリジナルとくらべると

90年代と小沢健二と女の子(その2 リバーズ・エッジ)

<公式> ストーリー:よどんだ湾の向こうに工業地帯が見える街。そんな街の高校に通う、若草ハルナ(二階堂ふみ)は、乱暴な彼氏、観音崎に虐められているクラスメート、山田(吉沢亮)を助ける。山田はお礼にと川沿いの草地にある、ある秘密を教える。もう1…

90年代と小沢健二と女の子(その1 Sunny 強い気持ち・強い愛)

<予告編> ストーリー:夫と高校生の娘と暮らす奈美(篠原涼子)は病院でぐうぜん旧友と出会う。高校生の時の親友、芹香(板谷由香)だった。20数年ぶりに合う芹香は末期がんで余命1ヶ月だった。芹香の頼みで高校時代の親友グループ〈Sunny〉の仲間たちを探す…

バーニング劇場版

<公式> ストーリー:運送のバイトをしていたイ・ジョンスはデパートでキャンペーンガールをしていたヘミに声をかけられる。2人は出身地の農村で隣同士の幼馴染みだった。ヘミはアフリカ旅行に行くから猫の世話をしてくれという。帰ってきたヘミは旅先で親し…

怪しい彼女/あやしい彼女

『怪しい彼女』。2014年公開の韓国映画だ。『あやしい彼女』。2016年公開の日本版リメイク。オリジナルはシム・ウンギョン主演、『Sunny 永遠の仲間たち』、最近だと日本映画『新聞記者』で日本アカデミーの主演女優賞を獲得した。日本版は多部未華子がヒロ…

海獣の子供

<公式> ストーリー:琉花は中学生の女の子。夏休みそうそうトラブルで部活ができなくなって、父親が働く水族館に行く。そこには海中を自由に泳ぐ少年、海と空がいた。2人はジュゴンに育てられて水中に適応した人類だ。琉花に自分たちと似たなにかを感じた2人…

沈黙 Silence

公式> ストーリーは公式で。 まず、原作にすごく忠実な映画化だった。じつをいうと映画のあとに読んでみたんだけど、それぞれのシーンがほぼ違和感なく思い出される。日本人たちの描写と役者は少し違うけれど、違和感はない。重要な人物、キチジロー(窪塚洋…

ロリータ

予告編> ストーリー: アメリカの大学で文学を教えるためにやってきたフランス人作家ハンバートは、下宿先の未亡人にがっつり惚れられる。でもかれが一目見て夢中になったのはその家の娘、 ドロレス・ヘイズ(愛称ロリータ)だった… キューブリックの古典温故知…

ブレードランナー2049

公式> ストーリー:前作の舞台から30年後の2049年。一度は製造が禁止されたレプリカントは進化したモデルで世の中に存在するようになっていた。潜伏して生き残る旧型レプリカントを狩るLAPDのブレードランナー、K(ライアン・ゴズリング)。彼もまたレプリカ…

メッセージ

公式> ストーリー:愛する娘と湖畔の静かな家ですごす言語学者ルイーズ(エイミー・アダムス)。ある日、大学の研究室に軍人、ウェーバー少佐(フォレスト・ウィテカー)が訪ねてくる。世界の12カ所に突然出現した宇宙船とそこにいる知的生物とのコミュニケ…

昭和元禄落語心中&鬼平

公式1>公式2> ストーリー:昭和50年代、刑期をおえて出所した青年はまっすぐ寄席に向かう。名人、有楽亭八雲に入門を乞いにきたのだ。人と距離を置き、ずっと弟子をとらずにいた八雲はなぜか彼を家に連れて行くことにする。与太郎と名前をつけた青年と、なに…

アイアムアヒーロー

予告編> ストーリー:芽が出ない漫画家、英雄。アシスタント稼業でなんとか日々の銭をかせぐけれど、才能がある同期は確実に売れていくし、同棲中の彼女は、英雄の希望の見えなさに耐えられなくなりかかっている。そんなある日、家にもどろうとした英雄の前…

この世界の片隅に

公式> ストーリー: 広島の海辺の集落にすむ少女、浦野すずは、数え年18で呉の北条家へ嫁に行く。昭和18年のことだ。戦時中とはいってもまだまだ呉での生活はのんびりしたものだった。少し抜けたところのあるすずだけれど、新生活にはそれなりの苦労もつらい…

ピンポン

公式> ストーリー:おさななじみのペコとスマイルは卓球仲間。陽性で天才肌のペコと無口で感情を見せないスマイル、なぜか2人そろって、図抜けた才能のもちぬしだった。江ノ島が見える高校の卓球部員になった2人。2人をそれぞれに教えみちびこうとする老人た…

百日紅

公式> ストーリー:江戸時代末期。絵師、葛飾北斎と娘お栄は、居候の善次郎、子犬と長屋で暮らす。注文に応えてひたすら絵を描く日々だ。絵なら描けないものはないような北斎だがお栄も美人画では北斎も認めるくらい腕がある。お栄の母、おことは近所で別々…

インヒアレント・ヴァイス

公式>おまけGIF> ストーリー:1970年代前半、LA。ヒッピー丸出しの私立探偵ドク(ホアキン・フェニックス)のところに昔の彼女シャスタ(キャサリン・ウォーターストーン)がやって来る。いまの愛人、大金持ちの不動産屋の周りで妙な陰謀があるらしいのだ。偶然の…

裸のランチ

予告編> 1991年公開。これ当時見に行った覚えがある。ストーリーはほとんど覚えてなくて、ぬるぬるしたクリーチャーのビジュアルだけ頭にあった。で、久しぶりに見返したら、また同じものだけが頭に残った。それも当たり前で、乱暴にいってしまえば、そもそ…

かいじゅうたちのいるところ

予告編> 原題はwhere the wild things are 。映画をみると絵本ではおこらなかった疑問がわきあがってくるだろう。wild things ってなんだ。 <かいじゅうたち>という日本語訳は1975年の絵本の新訳のときに翻訳者が悩んで決めたそうだ。絵本のは怪獣っぽく見…

ザ・ドライバー

予告編> 1978年、ウォルター・ヒル監督。不思議なことだけど、スピーディーなアクション映画なのに、何回見ても途中で寝落ちした。だから最初なんてシュールなまでに途中経過を省略した話なのかと思ったすまん。もちろんそんなことはなくて、というより、む…

ウィッカーマン(Ver.1973, Ver.2006)

オリジナル予告編>ラジー賞バージョン> ウィッカーマン。ドルイド教の儀式に使われた人形だ。木の枝で編んだ巨大な人の形のカゴみたいなもので、中の小部屋にいろいろな家畜が入れられた。中央はひときわ大きな部屋。人が入るところだ。古代ケルト文化のもの…

ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う

公式> 前作『ヌードの夜』から17年後、まったく同じ絵で物語がはじまる。新宿近くのガード下、大雨の夜、古びたコンクリートの壁に「なんでも代行屋 紅次郎」のチラシが車のヘッドライトで浮かんで、そこに同じデザインのタイトルがどーん。主人公紅次郎(竹…

ユリイカ

予告編> 青山真治のいわゆる「北九州3部作」の2作目。2000年公開。第1作『Helpless』第3作『サッド・ヴァケイション』と地続きの世界だ。『Helpless』は、はじめから失われていたり、失っていったりする物語だった。『ユリイカ』は最初に徹底的な喪失が描か…

マインド・ゲーム

公式> 湯浅政明の『ケモノヅメ』『四畳半神話体系』どちらもけっこう好きだ。ラフな画風で、奇妙で暴力的でスタイリッシュな『ケモノヅメ』、うってかわって整った線と装飾的な画面で京都の大学生たちをかわいく描いた『四畳半』、どちらもいまの日本のアニ…

ノルウェイの森

公式> 原作はハードカバーの時によんだクチだ。もちろんそのタイトルに、延々と続く、さむざむしい針葉樹林の光景をかぶせていた。つまり、Norwegian Woodが誤訳だなんて知らなかったのだ。けれどそれほど好きな小説でもなかった。作家の妙な自己愛が主人公…

イントゥ・ザ・ワイルド

公式> パタゴニアとザ・ノースフェイスの創業者二人が若いときにパタゴニア高原へ向かった「伝説の旅」の映画をすこし前公開していた(見てないけど:追記。見ました)。今はどちらもショッピングモールの定番、アジアや中米各国でつくられたグローバルアパ…

パフューム トム・ティクヴァ

フランスが舞台だが原作(パトリック・ジュースキント)、監督ともドイツ人。『ラン・ローラ・ラン』の監督ですね。悲惨な生まれの天才調香師(香水作家)が理想の香りを追求するうちに奇怪な犯罪にコミットするというホラー風味のストーリー。わりあい原作…

ライト・スタッフ 

参考> 公開から25年以上たって、もう立派な旧作ですね。てか古典かなあ。監督のフィリップ・カウフマンはこの作品や『存在の耐えられない軽さ』を撮っていた80-90年代が全盛期だった。たぶん。 1947年から1963年のアメリカ、初めて水平超音速飛行に成功して…

サッド・ヴァケイション

公式サイト青山真治の北九州三部作の三番目。最初の作品『Helpless』(と『ユリイカ』)の続編だ。 『Helpless』の人物たちは、わからないままに内から突き上げるような暴力の衝動に身をまかせ、映画はスケッチのようにシンプルにそれを描いた。11年たって、…

トニー滝谷 

http://www.tonytakitani.com/村上春樹はその作品の評価に較べて、映画化・映像化された作品が極端にすくない。作家自身がなかなかOKを出さないというのも大きな理由だろうと思うけれど、読者もまた、それを歓迎していないような気がする。たとえばmixiコ…

はちみつとクローバー

http://www.hachikuro.jp/なぜか強烈な古臭さを感じた。思わずなにかの間違いで老監督が撮ってしまったのかと思って調べてみると高田雅博監督は映画は初、「なっちゃん」オダギリジョーの「LIFEカード」などのCMを撮っていたCMディレクター。年代的にも40代…