ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

f:id:Jiz-cranephile:20191006212345p:plain

<公式>

ストーリー:1969年、LA。リック・ダルトンレオナルド・ディカプリオ)はそろそろ落ち目のTVスター。西部劇ヒーローやFBIモノなどタフな役で人気だったけれど、最近はかませ犬的な悪役が増えてきた。クリフ・ブース(ブラッド・ピット)は専属のスタントマン、兼、付き人。リックの豪邸までキャデラックで送ると、自分はぼろいカルマンギアでトレーラーハウスに帰る。リックの隣に越してきたのは新進監督ポランスキーと女優シャロン・テートマーゴット・ロビー)。そんな3人がある日....

しかしこのタイトル、原題のままでよかったとは思うけれど、日本語泣かせだ。まず、やたら長くなる。あと、ぼくは英語をカタカナで表記するときに単語の間に〈・〉をいれるのがあまり好きじゃない。デフォがこれだから合わせるけれど、本作の〈・〉の数はどうだ。

さて、タランティーノである。ブラピとディカプリオである。そしてポップな映画産業のお話だ。最近作の中でも、いや過去作もふくめて、彼の映画の中では間口が広いほうだと思う。じっさいは半分歴史ものだ。50年前の物語ですよ。でも登場人物のファッションも、今風とはいえなくてもノスタルジックには見えないし、景色も車も凝りにこって時代考証しているけれど『3丁目の夕日』的には見えない。

f:id:Jiz-cranephile:20191006212431p:plain

それからもちろん俳優たち。さすがにフレッシュさはどうかと思う。少々『あぶない刑事』風味が漂わないでもない。でも、おっさんである僕から見ればブラピは十分に格好いいし、ディカプリオもなんともいえない存在感と愛嬌があって、この2人で十分に画面が華やかに見える。それにマーゴット・ロビーの絵に描いたようなヒロイン感。王道の映画らしく、スターの魅力をそのまま見せていて、キャスティングで楽しませる1作だ。

監督はそんな分かりやすい魅力をたたえた画面のなかで、1人の消えていった女優をひとびとの記憶に再生させようとする。シャロン・テート。当ブログでは夫であるポランスキーの『吸血鬼』『ローズマリーの赤ちゃん』の中でちらっと触れている。『ローズマリー』が1968年だから本作の舞台はちょうどその頃だ。公式の中でも彼女について紹介しているから、見る人は彼女について、クライマックスになるであろう事件について、知っていてね、というつくりだ。

f:id:Jiz-cranephile:20191006212405p:plain

つまりポップで楽しげなショービジネスや幸せそうなシャロンのシーンを見ながら観客はカウントダウンすることを強いられているのだ。『この世界の片隅に』と同じつくりだ。すずさんのコミカルで健気な日常を見ながら、ぼくたちは8月6日に向けてカウントダウンせずにはいられない......本作もそうだ。

シャロンは女優としては大成しなかったひとだ。そもそもセクシー女優枠で、演技力なんてたぶん期待されていなかった。本作でも彼女はたいして知られていない。街を歩いても映画館にいっても誰もよってきたりはしないのだ。そんな彼女が、自分の出演作を見に行くシーンがある。本作で、もっとも美しいシーンの1つだ。自分が生きていこうとする道、その仕事を観客たちの中で自分も確認する......女優じゃなくても、ミュージシャンでも作家でもなにかの作り手でも、自分の関わったものがどんなふうに人々を幸せにしているのか、それが実感できたらこれ以上の幸福はないだろう。

f:id:Jiz-cranephile:20191006212421p:plain

ブラッド・ピットはさすがに少し歳をとったかもしれない。かつての何の注釈もいらない圧倒的な格好よさとかセクシーさは、そのまま同じ見せ方はできない。相変わらずマッチョだけれど、(たぶん意図的に)腹も多少出している。それでも、意外なくらい暴力が少ない本作のなかで、1人で暴力を担当しているのが彼だ。貧乏暮らしで、雇い主がファーストクラスで移動する同じ飛行機でエコノミーに乗るような彼だけど、じつは身につまされる現実感がある存在というよりは、出演者のなかでも1番シンボリックな、映画の格好よさを体現する、ちょっとファンンタジックな存在なのかもしれない。とはいえ、彼のセリフには、はっきりと映画の外の重い現実、つまりかつてのタランティーノの盟友、自らの性暴力で破滅したハーヴェイ・ワインスタインの件が影をおとしている。

ラストはそこまでの抑えめの描写から、タランティーノらしい、しょうしょうぶっ飛んだクライマックスへと行く。あぁそうか、と見ていて思った。この世界の中ではこうなんだ。これが彼なりのシャロンの供養のしかたなんだろう。

ところで、クリフが飼っている愛犬。家に帰った彼が定番のドッグフードの買い置きを出して、自分の飯と一緒の夕飯シーンがある。LAモノの古典、『ロング・グッドバイ』でフィリップ・マーロウが愛猫にいつものフードを与えるために苦労するシーンを思い出した。ただし、こちらの愛犬は獰猛さで知られるピットブル。愛玩犬じゃないのだ。そこもまた....

■画像は予告編からの引用

 

jiz-cranephile.hatenablog.com