お嬢さん


<公式>
ストーリー:1939年の朝鮮半島、森の中の豪邸に新しい女中スッキが呼ばれた。豪邸の主は上月という富豪。彼の姪にあたる日本の華族の令嬢、秀子と召使いたちと暮らしている。屋敷にはたびたび藤原伯爵という身なりのいい男が訪れる。伯爵は秀子の美貌に惹かれ、やがて結婚を申し込むようになる。世間知らずの秀子はとまどいながらも伯爵にリードされていく……..でもすべてには裏があった。上月はひそかに淫靡な趣味を持ち、同好の客を集めて、子供の頃から秀子を見せ物にしていた。藤原伯爵はじっさいは朝鮮人の詐欺師。そしてスッキはかれによって屋敷に送り込まれたスリの少女だったのだ…..

基本的に後味のいい映画である。公開中だしネタバレは避けるけれど、どんよりとやるせない気分で劇場の夜明けを迎えるって感じじゃない。映画は2人のヒロインと2人のしょうもない男、4人のゲーム的なだましあいだ。監督パク・チャヌクは視点を変えてひとつの出来事を語りなおす『羅生門』スタイルで(『現金に体を張れ』『その土曜日、7時58分 』とか)観客もゲーム的な気分に巻き込む。
「抑圧された状況の中で闘う賢明な女性が魅力的。従順な女性が一番魅力がない」と監督はいう。『オールドボーイ』も『渇き』もそうだった。立場的には抑圧されてもヒロインは強い。本作はストリートの知恵を身につけたお手伝いのスッキ、ただの箱入りお嬢さんかと思うと強烈な精神と悪知恵を持っていた秀子。どちらも強い。悩みとかうじうじ要素は一切ない。そして2人は画面の中で存分に愛しあう。『アデル、ブルーは熱い色』に匹敵する愛しあいっぷりだ。ただ、なんだろう、この監督のSEXシーン演出はわりとビジュアル優先で、今回も出し惜しみなく見せてくれるんだけど、ちょっと『ラスト、コーション』にも似て、ことばにできないようなエロさはあまり感じなかったなぁ。

舞台設定が面白いんだよね。1930年代の韓国で、統治国の日本が意外なことに露骨な敵じゃなく、主人公たちの文化的な憧れだったり、束縛された世界から解放されて行きつく、光にあふれる「外」として描かれるのだ。戦後の日本で、アメリカがそういう風に描かれたことはたぶんいくらでもあった。韓国でもポン・ジュノみたいに現代日本ポップカルチャーに親近性がある人はいる。でも占領時をそういう風に描けるのか.....  そこで描かれる日本は伝統的な「和」の世界だけじゃなく、神戸のモダンなレストランだったりホテルだったり、実在するかはともかく中世の城みたいな精神病院だったり。じっさいに日本国内でもかなりロケをしてることが公開されてる。メインの屋敷のシーンの一部は桑名市六華苑の屋敷と庭だ。ちなみに六華苑の主、諸戸家というのは明治の頃から繁栄した山林王。一時は都内の渋谷から世田谷にいたる住宅用地を大量に所有していた。本作の韓国人富豪、上月も一代で財をなした男で、森の中の屋敷は門をくぐっても家まで車で一眠り出来るくらいに広大という設定だ。そんな彼の家は、英国風の屋敷と和風の数寄家がならんだもの。女中たちのすまいは韓国風だ。六華苑の庭園は映るけど、屋敷の外観はブルーバックで隠し、たぶんCGでレンガ作りの建物にされている。

パク・チャヌクは物語を描くときも省略なく直截にいく。誇張気味になることもあるし、分かりやすさ優先の漫画的に見えるときもある。どことなくキッチュにみえる描写とかもときどきある。漫画的といえば、物語中の悪の根源、上月 がコントめいた老けメイクなのが謎だった(きびしい減量の役づくりで臨んだらしいが)。いや、日本でも50年以上前の名作(コメディじゃなくね)で、やっぱりコントというか舞台劇調の老けメイクのおじさんが出てくることはある。でもいまの技術でなぁ.... あとお嬢さんが地下ショーで日本髪になった時の巨大なフォルムね。この映画での日本文化の扱いはときどき「ガイジンの誤解込みのキッチュな和風」テイストを狙ったかのような、それでいてお金がかかった美術でもあるような、『キル・ビル』を思い出すのだった。面白さのけっこうな部分はじっさいの日本語で話されるセリフもふくめて、奇妙にハイブリッドな文化の香りだと思う。

富豪の上月は日本文化に同一化したくて、日本語をしゃべり、和風の家を建て、日本の春画や春本をひたすらに集める。幼い頃に日本から連れてこられた秀子は自分の目的のために伯爵になびく世間知らずの女のふりをする。彼女と結婚し家から連れ出そうとする藤原伯爵は、じつは済州島のまずしい家で生まれ、日本で商売と言葉を覚えた詐欺師。そしてほんとうはスリだけど詐欺師と組んで女中のふりをして屋敷に入り込むスッキ。全員がそれぞれの思惑や思いにしたがってアイデンティティを上塗りして演じあう仮面劇のなかに「真実」として愛がおかれるのだ。