撮り方・見せ方・イメージ

ガタカ

この辺で!>このまえ、ひさしぶりに見返した。1997年公開。ま、ふつうに名作ですよねいまさら言うまでもなく。この映画、SFのある撮り方のクラシックといってもいいんじゃないかと思う。 ストーリーはすごくモラリスティックで、一言で言えば生まれじゃない…

アヴァロン

参考> いま見ると、非常に微妙な後味になるのはしょうがない。やっぱり2001年に見るべきだったんだろう。いまさら、当時の表現レベルでこの映画がどのあたりのポジションにいたかなんて分かりようもない。この映画の価値はCGと実写とアニメーションの境界が…

ヘルボーイ・ゴールデンアーミー

公式>(日本語公式ないの?) ヘル・ボーイの原作コミックは1冊だけ持っている。『CONQUERE WORM』翻訳版だ。作者マイク・ミニョーラはギコギコしたシンプルな線と、スミベタの使い方が特徴の画風で、コミック1冊だけから判断するとモンスター+ミリタリーコ…

アズールとアスマール

公式>(必見!) 今回まで4回ほどシリーズ的にフランスのコミック/アニメ系映画を取り上げてみた。どれもメジャー公開されたものだし、ふつうにレンタル屋にもある(アルザックはのぞく)、っていう意味ではこの世界の入り口みたいなものでしょう。ちなみに…